お金を借りる方法はさまざまだけど、おすすめは?

 

お金を借りる方法はさまざまですが、おすすめなのは、銀行融資です。同じ銀行から借りる場合でも、カードローンやフリーローンは金利が高めなので注意をしておきましょう。(お金を借りる方法について自動車の購入とか、教育費とか、目的がはっきりしているなら、目的別ローンが良いでしょう。目的別ローンがない場合には、フリーローンやカードローンを検討しましょう。借りたい金額が数万円程度なら、大手の消費者金融もおすすめです。10万円を借りて、30日以内に返済をしてしまえるというケースなら、30日間無利息がついた消費者金融のほうが銀行カードローンよりも得をします。10万円を借りて、30日以内で5万円しか返済できなかった場合には、残った5万円に対して金利18%が適用されてしまいますが、それでもすぐに返済をしてしまえばそれほどの負担にはならないでしょう。アルバイトでも良いので安定した収入を得ていて、ブラックリストにものっていない人ならば、大手の消費者金融でも借りられる可能性が高いので、選択肢はたくさんあります。

最近ではクレジットカードについたキャッシング枠のサービスも充実してきているので、クレジットカードをすでに保有している人は、キャッシング枠を10万円くらいつけておくということはおすすめできます。クレジットカードについたキャッシング枠は、基本的にはゼロもしくは10万円にしておいて、海外旅行に行くといった、お金が必要になるイベントが起きた時にだけ枠を増やしてもらうという使い方もできます。お金を借りる時にはなるべく1社から借りたほうが良いので、クレジットカードのキャッシング枠を有効活用するという方法はおすすめができます。消費者金融のカードローンは、即日融資を受けたい時に便利ですが、ずっと使い続けるカードローンとしては不向きでしょう。ずっと使い続ける1枚を選ぶなら、ショッピングにも利用ができるクレジットカードか、金利が低い銀行カードローンがおすすめになります。

お金を借りる理由は人それぞれ

 

お金を借りる理由は、人それぞれ違います。勤め人であれば、基本的に毎月入ってくる給料は同じです。個人経営やフリーランスは、安定的に稼いでいる場合もありますが、多くの場合は収入に安定・保証はありません。コツコツお金を貯めていたとしても、急な出費、どうしても足りない大きな出費は発生します。子どもの入園・入学にかかる費用、習い事・遊びにかかる費用、病気にケガ。入院することになり、有給休暇や傷病手当金でまかなえればいいのですが、働けず無給となれば入院費だけではなくその後の生活費も足りなくなる可能性があります。それに、冠婚葬祭にかかる費用。ご祝儀やお香典は相場が決まっているものなので、出さないわけにはいきません。会社の付き合いでどうしても旅行に行かないといけない場合もあるでしょう。急な引っ越しを迫られることもあるでしょう。

女性であれば、何かの集まりの時には美容院でヘアセット、ネイルアートを施し、衣装の新調が必要なときもありますよね。電化製品が壊れた、風呂・トイレが壊れた。車が事故に巻き込まれた。スマートフォンを水没させた。マンションを買ったが、会社の業績不振でボーナスがなくなった。そもそも会社が倒産する可能性もあります。住宅費・食費・水道光熱費・日用品・保険・車の維持費・少々の貯蓄でいっぱいいっぱいなのに、他の出費に回す余裕はありません。他にも、奨学金が返せないという話も近年よく聞かれるようになりました。「借金」というととてもネガティブなイメージがありますが、お金を借りる人すべてが自身によってお金が足りない状況を作ってしまったわけではありません。競馬に失敗した、株にハマってしまった、パチンコや麻雀が止められない、身の丈に合わないブランド品を購入した。そういう理由ばかりではないのです。親から借りる場合、金融機関から借りる場合など多くのケースがありますが、ほとんどの理由が「生活費の補充のため」だと聞いたことがあります。

お金を借りる学生が知っておきたいポイント

 

お酒を飲める年代になると、飲み会費用がたびたび発生するようになります。特に20歳以上の学生となれば、毎日のように飲み会に参加している方も多いでしょう。親の仕送りだけでお金が足りなくなったときはバイトで収入を得るという方が多いでしょうが、一時的な金欠のときは金融機関でお金を借りるという方もいます。学生ローンは学生なら100%借入できると考えている方も多いですが、実際は20歳以上で収入が安定しているという条件つきです。例えばバイトをしていても19歳では借入できませんし、21歳でもバイト収入がなければ同様に借入できません。何よりお金を借りることで個人信用情報機関の履歴に登録されるので、計画的に使わないと延滞することもありえるでしょう。延滞履歴を残してしまうと、社会人になってローンやクレジットカードを組むときに不利になるので注意してください。基本的に延滞履歴というのは延滞してから2年間は消えないと言われています。何度も延滞していると限度枠を減額される可能性もありますから、計画的に利用するようにしてください。

お金を借りる学生が注意したいのは、返済に困るほどは借りないことです。借りたお金は絶対に返済する義務があるので、限度枠の設定には慎重になっておきましょう。限度枠を30万円確保して、10万円の範囲でやりくりするなどと考えていても、実際に枠に余裕があると気持ちが大きくなることはあります。今すぐに使えるお金があると思うと、人は大胆になってしまうのです。限度枠はなるべく少なくするのが好ましく、学生に推奨されている金額は10万円以内となっています。10万円を借りて使うのは数日でしょうが、返済するとなると簡単ではありません。1日のバイト収入が5000円だとしたら、20日間も働かなくてはいけないのです。お金を借りるときは返済計画を立てて、返済できる範囲で借りるようにしましょう。限度枠を10万円にしたら、5万円の範囲内でやりくりする使い方がおすすめです。

 

さまざまなキャッシング企業から借り入れをしているために

 

2010年に施行された総量規制は、過分な借り入れを防ぎ、一般消費者を守ってくれる規則ですが、「総量規制に該当すると、全然融資を受けられなくなる」というのは誤りです。お金を借りるに際しましては、在籍確認をするために就労先に連絡がありますから、「キャッシングをするくらい大変であることが、周辺にいる人に発覚してしまうのではないか?」と不安を感じる人もたくさんいるでしょう。近頃のキャッシングは幅広いニーズに応えるため、即日融資が可能となっています。とは言いましても、当日内にお金を借りるには、「インターネット申し込み限定」など、若干の条件が決まっているので、よく調べておきましょう。通常は手間がかかる審査が即開始される便利なキャッシングの申込方法と言えば、オンライン上で行う申込です。身分証明書類もオンライン上でその場で送信できるので、申込完了とともに審査が始められるというわけです。おまとめローンで借り換えるに際しては、まず「どのサービスを利用するのが得策か?」を気に掛けますが、先ずは銀行系の中より厳選すれば安心です。カードローンにつきましては、消費者金融系のものであったり銀行系のものであったりと、いろいろな商品が取り扱われているので、商品の選定でドジを踏むことがないように、正確なデータを拠り所に、じっくり比較した後に申し込みへと移ることが大事です。

さまざまなキャッシング企業から借り入れをしているために、毎月重い返済を抱え込んであえいでいる人は、カードローンの借り換えを実行することを考慮してみた方が利口です。「お財布が軽い時に友達と飲みに行くことになった」などですぐお金が欲しいという時は、無利息で融資可能な金融業者がいくつか見られますから、このようなところを利用する方が賢明だと思います。貸主である金融機関としましては、「お金を借りる当人が確実に働いている」という裏付けを得る作業を行なうことが必要です。それが在籍確認になるというわけです。カードローン事業者を比較検討している方向けに、意識して見て貰いたいポイントをご紹介させていただきます。「カードローンを利用してみたいけど、どこで借りるか決まっていない」という方はチェックしてみてください。カードローンの借り換えを終えた時に多くあるのが、多重債務を1つにしたことで一安心してしまって、以前よりも借金を繰り返し、結局支払いが難しくなってしまったというどうしようもない例です。

電話を通じた在籍確認が行なえない場合、審査に落ちると思った方が良いと思います。その結果お金を借りるというのも不可能になりますので、何としても電話を取れるようにしておくことが大切です。カードローンの借り換えを行うなら、何と言っても低金利を打ち出している金融業者を選定することが必要不可欠です。わざわざ借り換えたとしましても、これまでのカードローンの借り入れ金利とほとんど同じだったら努力が無駄になってしまいます。おまとめローンを申請して返済の負担を軽減したいなら、何をおいてもまず低金利が適用される銀行を選択した方が良いと思います。融資利率が割高のおまとめローンにシフトした場合は、いいことは一切ないと言えます。複数ある消費者金融や銀行の中には、俗に言う「無利息融資」を謳っているところも目に付きます。この無利息サービスの場合、指定の期日を迎えるまでは利子が発生しません。